新築一戸建てのテレビ契約をインターネットと合わせて検討!

新築一戸建てのマイホームをお考えの皆さん、テレビを何で見るのかはもうお考えでしょうか?

大事なのに意外に盲点になりがちなのが、テレビの視聴方法です。

マンションや戸建てを含む賃貸住宅では管理会社や家主がアンテナを立ててくれていたり、ケーブルテレビを引いてくれていたりと、あらかじめ何かしらの視聴設備が整っていることが多いですよね。

そのため、賃貸住宅も経験済みの電気・ガス・水道について見落とす方は少ないと思うのですが、テレビをどうやって見るのかは盲点になってしまうことがあります。

私の知人にも「テレビのことはすっかり忘れてた・・・。」と言っている方が意外に多いんですよ。
真新しいリビングでゆっくりくつろぎたいのに、テレビが映らないなんてちょっとがっかりですよね(苦笑)

現在、テレビを見るための方法は3つあります。
それぞれのメリットとデメリットもご紹介しますので、皆さんのご家庭にピッタリの方法を選んでくださいね。

スポンサーリンク

新築一戸建てでテレビを見るおすすめな方法

テレビを見る方法はアンテナ設置、ケーブルテレビを引く、光回線を引くの3種類になります。

あなたのお宅では、どれが向いているでしょうか。チェックして確認してみてくださいね。

アンテナ設置がおすすめ

□地デジ放送を見るとき、月額料金を支払いたくない
□地デジ放送しか見ないので專門チャンネルはいらない
テレビの設置台数が多い、または多くなる
インターネットや電話はそれぞれ個別に考えたい

あれこれまとめずにそれぞれ個別にじっくり考えたい人に向いてそうですね。

ケーブルテレビがおすすめ

□地デジ放送以外にも專門チャンネルが絶対必要
インターネットはほとんど使わないので、速度が遅くても気にしない
建物の外観を損ねたくない
テレビ、インターネット、家の電話をまとめてしまいたい

專門チャンネルが絶対必要な方はもちろんですが、光回線が届いていないからケーブルテレビを選択するという方もいます。

光回線がおすすめ

インターネットが絶対に必要、速さも大事
基本は地デジ放送が見られれば良い、専門チャンネルは必要になってから考えたい
建物の外観を損ねたくない
テレビ、インターネット、家の電話と携帯もまとめてしまいたい

ブラウン君
僕は断然、これが楽に思えます。
シルバー先生
これからますますインターネットの重要性は増してきます、テレビも電話もまとめてしまえるのは嬉しいよね。

テレビと合わせて考えよう【インターネットどうする?】

テレビを見る方法とあわせて必ず考えておいて欲しいのは、インターネットをどうするのかです。

インターネットは誰でも必要な時代!

家でインターネットは必要ないと思われている方でも、ガラケーで使用していた3G回線がサービスを終了するにあたって、スマホへ移行せざるを得ない状況になってきています。

スマホの場合、OSやアプリのアップデートが頻繁に必要になり、これらのアップデートによって使用するパケット量が意外に大きいケースが多々あります。
(Androidの場合はOSアップデートでパケット代は発生しません。)

意外な盲点!アップデートはどこでする?

私の知人のケースでは、普段それほどスマホで動画を見たりネットサーフィンをしていなかったにも関わらず、夫婦でそれぞれ月1万以上のパケットプランを契約していました。

それを自宅にインターネット回線を契約し、アップデートは絶対に家のWi-Fiを使用するようにしたところ3,0004,000円の格安プランに収まったそうです。 

ブラウン君
二人で、月一万円以上の節約になるじゃないですか!
アップデートだけで固定費がこんなに一気に下がるなんて、衝撃です!!
シルバー先生
びっくりだよね。ガラケーからスマホという変化だけでなく、働き方改革で、家も職場に近いネット環境を求められる可能性もあるよ。

テレビの視聴方法を選ぶときは、インターネットをどうするのかも、是非あわせて考えておいてください。

 

昔からテレビと言えばこれ!【アンテナ設置】

皆さん、一番馴染みがあるのがこの方法では無いでしょうか。

屋根の上にアンテナを立てて、最寄りの電波塔から電波を受信することでテレビの視聴が可能になります。

【アンテナ設置】メリットとデメリット

【アンテナでテレビを視聴するメリット】

メリット
  • 月々の固定費がかからない
  • テレビの設置台数が増えても、通信に影響がない
  • 契約やプランなどを考える必要なくテレビが見られる

アンテナを設置してテレビを視聴する最大のメリットは、月々の固定費が掛からないことです。
点検や修理に掛かる突発的な費用を除けば、初期工事費用のみで長期利用が可能です。

また、各部屋にアンテナからのケーブルさえ配線してあればテレビの台数が何台増えようと関係ありませんので、テレビの設置台数を気にする必要がないのも大きなメリットです。

その他にも様々な制約を受けないのもアンテナ設置のメリットです。

ケーブルテレビにしても、光回線を引くにしてもそれぞれ契約期間中の解約だと違約金が発生したり、プランを変更したくても何かと制約があって出来ないことがあります。

アンテナの場合は契約や、プランと言ったことを考える必要がありませんので電話やインターネットの契約において、テレビ視聴が足かせになると言うことがないのです。

シンプルなデザインのアンテナも登場

一昔前ですとアンテナは屋根の上に設置するのが一般的でしたが、最近では以下のような壁面に設置出来る目立たないデザインアンテナもあります。

ブラウン君
これなら、あまり気にならないですね!
シルバー先生
そうだね、でも屋根の上に設置する”八木式アンテナ”じゃないと受信出来ない地域もあるので、デザインアンテナを設置出来るかは工事業者さんにきちんと確認が必要だよ。

【アンテナでテレビを視聴するデメリット】

デメリット
  • 地域や周辺環境の影響によって、受信状況が悪い時がある
  • アンテナが自然災害の影響を受けてしまうことがある
  • BS・CS放送も視聴したい場合は、パラボなアンテナが必要

対してデメリットは家を取り巻く環境によって受信状況が左右されることです。

そもそも電波が届きにくい地域であったり、家の周囲に高い建物があると電波が弱くなってしまい一部のチャンネルが映らないと言うことも出てきてしまいます。

その他にも台風や地震の影響でアンテナの向きが悪くなったり、アンテナ自体が損傷してしまったりと言う自然災害によるリスクもあります。

また、地デジ放送だけでなくBS・CS放送も視聴したい場合は別途、パラボラアンテナも必要になります。

 

アンテナ視聴を選択された方へ【おすすめインターネット回線】

アンテナでテレビを視聴することを選択された方に、一番のおすすめインターネット回線はNURO 光」です。

お得ポイント

  1. 料金

    一般的に1Gbpsで5,000円/月前後の光回線が、「NURO 光」だと2Gbpsで4,743円/月

    新規入会の場合、1年間は980円/月と言うキャンペーンも実施しています。

  2. インターネットと電話もまとめて契約可

    「NURO 光」では「NURO 光 でんわ」と言う家の固定電話サービスもオプションとして提供していますので、インターネットと家の電話をまとめてしまうことも出来ます

  3. ソフトバンクだとさらにお得
    お持ちのスマホがソフトバンクの場合は、「おうち割 光セット」のご利用でスマホ利用料金の割引を受けることも出来ます。
ブラウン君
スマホの契約会社によって、いろんなお得なプランがでていますよね!
シルバー先生
そうだね。上記のおススメ以外にも、お得なプランはたくさんあるから、しっかりチェックしておきたいところだね。

電話番号を変えたくない人は注意!

NTTで発番した電話番号をお持ちでは無く、新規で「NURO 光 でんわ」で電話番号を発番した場合、「NURO 光」から他社サービスへの乗り換えの際、電話番号を引き継ぐことが出来ませんのでご注意ください。

参照:So-netホームページ

難受信エリアも安心【ケーブルテレビ】

各地域のケーブルテレビ会社と契約して、ケーブルテレビ回線を自宅に引き込むことでテレビを視聴する方法です。

ケーブルテレビは元々、高いビルの影になってしまって電波が届かなくなってしまった地域や、山間部などの難受信エリア(電波が届きにくい地域)をカバーするため通信手段として普及してきた歴史があり、馴染みのある方も少なくないと思います。

【ケーブルテレビ】メリットとデメリット

【ケーブルテレビにするメリット】

メリット
  • 電波の弱い地域や光回線の提供されていない地域も申し込み可
  • 有線なので、受信状況が安定している
  • 専用チャンネルが充実している
  • 固定電話、インターネットと合わせて契約できる

ケーブルテレビでテレビを視聴する最大のメリットは、提供エリアが広く受信状況が安定していることです。

ケーブルテレビは、それぞれの地域に根ざした最寄りのケーブルテレビ局から有線で回線を引き込みますので、電波の弱い地域や光回線が提供されていない地域であってもかなりの広範囲で申し込むことが出来ます。

ブラウン君
広範囲というのは魅力的ですね。
シルバー先生
田舎にとってはありがたいよね。

また、アンテナと違って有線ですので家の周囲の環境であったり天候の影響を受けるといったことが無く、安定してテレビを視聴することが可能です。

專門チャンネルが充実しているのもケーブルテレビの大きなメリットです。

映画、アニメ、スポーツだけでなく、ケーブルテレビ会社によっては地域に密着した番組も提供していますので、テレビを見るのが大好きな方には魅力的ですね。

その他にも、家の固定電話とインターネットをまとめてしまうことが出来るのもケーブルテレビのメリットです。

【ケーブルテレビにするデメリット】

デメリット
  • 専用チャンネルや有料チャンネルを見ないなら割高
  • 光回線に比べ、インターネット回線が遅い
  • 他社へ契約し直す場合、電話番号を引き継げない

対してケーブルテレビのデメリットは、専門チャンネルや有料チャンネルに興味がないなら割高であると言うことです。

ケーブルテレビ会社によって提供しているプランも様々なのです。

こんな場合もある!

地デジ・BSのみのプランが無かったり、地デジ・BSのみのプランがあっても、1,000円/月~と光回線の光テレビが750円/月であるのと比較すると割高になります。

また、ケーブルテレビでのインターネットは光回線でのインターネットに比べて速度が遅いため、インターネット回線に速度を求める方には不向きです。

何故光回線に比べて速度が遅いのかと言うと、ケーブルテレビのインターネットは一部の限定された地域を除いて、実際に自宅に引き込まれているケーブルは放送電波を受信するための同軸ケーブルになります。

本来は放送電波を受信するためのケーブルに、手を加えてインターネット利用も可能にしているために、自宅に引き込まれているケーブルも光ファイバーである光回線とではどうしても速度に違いが出てしまうのです。

~オンラインゲームを頻繁にする家庭~

回線が遅いと勝負にも影響するので、ここは譲れない人が多いです。

オンラインゲームは回線速度がかなり必要なので、その場合はケーブルテレビのインターネットでは無く光回線を検討する人が多いようです!

ブラウン君
なるほど!僕もオンラインゲームやるので、光回線がいいですね!

ケーブルテレビの固定電話サービスを利用する場合、新規に固定電話サービスで発番された電話番号だと、他社のサービスへ乗り換える際に電話番号を引き継ぐことが出来ませんので、この点も注意が必要です。

スポンサーリンク

インターネットだけでなくテレビも【光回線】

アナログ放送が終了しデジタル放送に切り替わるにあたって普及が進んできたのが、この光回線でテレビを見る方法になります。

光回線は元々デジタル回線ですのでアナログの映像信号を流すことは出来ませんでしたが、デジタル放送に切り替わったことでテレビの映像信号も流すことが出来るようになったんです。

【光回線】メリットとデメリット

【光回線でテレビを視聴するメリット】

メリット
  • 受信状況が安定している
  • 地デジ・BSだけを安く契約できる
  • 事業者変更で、工事不要、電話番号を引き継いで乗り換えられる
  • インターネット速度が高速

光回線でテレビを視聴する最大のメリットは、ケーブルテレビと同じく受信状況が安定しているうえに地デジ・BSだけを安く契約出来ることです。

光回線も有線ですので家の周囲の環境であったり天候の影響を受けないのはケーブルテレビと同じですが、「フレッツ光」や「光コラボ」のどのサービスでも地デジ・BSのみのプランが750円/月と安く契約が出来るのです。

さらに2019年7月1日からはじまった「事業者変更」によって、いま契約している光回線と乗り換え先の光回線が「光コラボ」同士であれば工事不要で乗り換えが可能になりました。

もちろん、固定電話サービスをご契約の場合でも同じ電話番号を引き続きご利用いただくことが可能です。

最近は複数の携帯電話会社が「光コラボ」商品を提供していてお持ちの携帯とセットで割引が適用されます。

仮に)携帯を別の会社に変えたとしても…
この「事業者変更」を使うことでセット割引を引き続き変更後の携帯会社で適用させることが可能なのです。

~我が家の場合~

我が家は妻と大学生の長男、高校生の長女と中学生の次男の5人家族ですが、子供の成長に伴って家庭環境もどんどん変わっていきます。

娘が高校に進学が決まり、スマホの台数が増えるところで、スマホの契約会社をよりお得になる方に変更しました。

この「事業者変更」によってその時々で最も最適なサービスへ乗り換えられると言うのは、非常に大きなメリットだと思うので、次男がスマホを持つ時には検討したいと思います。

ブラウン君
時代の変化とともにお得なプランが出てくるので、情報を得ていないといけませんね。
シルバー先生
本当だね。情報もどんどん複雑化していて分かりにくいのが困る点だよね。

最後に、光回線と言えばやはりインターネットの速度が高速であることです。

最近の光回線は1Gbps以上の通信速度がほとんどですので、ビデオオンデマンドサービスなどもストレス無くご利用いただくことが可能です。

【光回線でテレビを視聴するデメリット】

デメリット
  • テレビサービスだけで契約できない
  • 光回線の提供エリアであっても光テレビの提供エリアでない場合がある

良いこと尽くめのような光回線ですが、光回線でのデメリットはテレビサービスだけで契約することは出来ないと言うことです。

光回線の場合はインターネットの基本料金が必須で掛かってきますので、インターネットを使わないと言う方には不向きかも知れません。

ですが前述のように、普段インターネットを利用しない方でもスマホをお持ちであれば光回線にすることで安いパケットプランに出来る可能性があります

もし高額なパケットプランをご契約されているのであれば、光回線を検討してみても良いかも知れません。

また、光回線の提供エリアであっても光テレビの提供エリアではない場合もあります。

ブラウン君
それは困ります!提供エリアかどうか確認する方法はありますか?
シルバー先生
提供エリアはこちらで確認が出来るから、チェックしてみてね。

・NTT東日本フレッツテレビの提供エリア検索ページ
・NTT西日本フレッツテレビの提供エリア検索ページ

契約先どこにする?【光回線を選ぶ上で注意したいこと】

NTTの「フレッツ光」フレッツ光回線を利用する「光コラボ」以外の独自光回線の場合は、幾つか制限事項がありますので注意が必要です。

独自光回線には以下の3種類があります。

ダークファイバー網を利用 「auひかり」「NURO光」
ケーブルテレビ事業者が独自に敷設 「ケーブルテレビ光回線」
電力会社が独自に敷設 「電力系光回線」

携帯電話事業者が提供している光回線でもauが提供している「auひかり」はKDDIが独自に敷設した光ファイバー網(ダークファイバー)と、NTTが敷設したものの未使用の光ファイバー網(ダークファイバー)を組み合わせて提供しているサービスになります。

NTTが提供する「フレッツ光」を利用する「光コラボ」以外で契約した場合の注意事項は、下記のとおりです。

auひかり」と「NURO光」

「auひかり」と「NURO光」のテレビサービスはフレッツテレビでは無く、ひかりTVと言う地上デジタル放送を一度録画したものを配信するサービスであると言うことです。

電波での受信と比較して若干の遅延が起こる、双方向サービスを利用した視聴者参加型番組に参加出来ない場合があるなどの問題点があります。

特に注意して欲しいのが以下のひかりTVでの地上デジタル放送を終了する場合があると言う点です。

諸事情により、ひかりTVで地上デジタル放送を終了する場合があります。その場合、引き続き地上デジタル放送の視聴をご希望されるお客さまについては、お客さまのご負担にて別途、地上デジタル放送対応テレビや受信アンテナ等をご用意いただく必要があります。

引用:「ひかりTV」重要事項説明

「ケーブルテレビ光回線」と「電力系光回線」はひかりTVによる録画配信ではありませんので、地上デジタル放送の視聴が可能です。

auひかり」「NURO光」「ケーブルテレビ光回線」「電力系光回線」

現在は「auひかり」、「NURO光」、「ケーブルテレビ光回線」、「電力系光回線」が提供する固定電話サービスで新規に発番された電話番号の場合

「光コラボ」の固定電話サービスへの乗り換えに際して電話番号をそのまま移行することは出来ません

同様に「光コラボ」の固定電話サービスで新規に発番された電話番号を、「auひかり」、「NURO光」、「ケーブルテレビ光回線」、「電力系光回線」が提供する固定電話サービスに乗り換える際も電話番号を移行することも出来ません。

現時点で電話番号を維持したまま乗り換えるには、電話加入権を取得して得られるNTT発番の電話番号で無ければならないのです。

ただ、この点については2025年を目標にどの会社からどの会社への番号移行も可能にしようとする、「双方向番号ポータビリティ」が検討されているようです。

これが実現すればより一層光回線の乗り換えがしやすくなりますね。

総務省HP:「双方向番号ポータビリティ」について

   

 

「ソフトバンク光」

同じ「光コラボ」でも「ソフトバンク光」は電話サービスが3つあります。

「事業者変更」によって電話番号を変更せずに、他社「光コラボ」へ乗り換えたい場合は「光電話(N)」にお申し込みいただく必要があります。

050番号の「BBフォン」はもちろんですが「ホワイト光電話」で「事業者変更」による電話番号そのままでの乗り換えは出来ませんのでご注意ください。

 

さいごに

テレビを見るための方法ハ、出来る限り早めに考えておくことがおすすめです。

アンテナを立てるにしても、ケーブルテレビや光回線を引くにしても工事が必要ですので、引っ越しの日までに工事が終わっていない場合、しばらくテレビが見れないなんてことになってしまいます。

テレビもインターネットも生活に欠かせないものになってきていますので、新居での新しい生活の第一歩を、快適にスタートするための参考にしていただければ嬉しいです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

火災保険をお得にしたい方は必見

火災保険を決める時、不動産屋に勧められた火災保険にそのまま加入していませんか?
それかなり、損しています。

勧められるがまま高い火災保険に加入する前に、複数の保険会社を比較してもらった方が安い上、補償内容も整っている火災保険に加入できます。

私の場合、不動産屋に勧められた火災保険に入っていましたが、見直しをしたらなんと16万円も保険料が安くなりました。

比較してもらうと自分に合った最安値の火災保険を見つけることができます。
無料でたったの3分で出来るのでやらない手はないですよ!

→最安値の火災保険を見つける

火災保険を安くするコツ

実際に私が火災保険の一括見積をして、火災保険が16万円安くなった過程を無料公開中。

→火災保険を安くする方法を知る
火災保険を安くする方法

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です